大阪府堺市でのお葬式、堺市立斎場での家族葬なら小川葬祭社にお任せ下さい

堺市の葬儀屋さん 小川葬祭社

〒591-8037 大阪府堺市北区百舌鳥赤畑町1丁42-5
南海高野線・JR阪和線 三国ヶ丘駅より徒歩5分 【駐車場2台完備】

営業時間
24時間対応
定休日
なし [年中無休]
創業年
1972(昭和47)年
お気軽にお問合せください
0120-801-678

一日葬とは

最近少しずつ増えつつある一日葬(別名 ワンデーセレモニー)についてご説明させていただきます

一日葬とは、通夜式を省き、葬儀・告別式のみを行う葬儀のことです

これは家族葬が主流になったからこそ生まれた形式といっても良いと思います

なぜなら一般的なお葬式でも、通夜式より葬儀・告別式の方がメインとなるのですが、一般の弔問者は日中仕事があるため夜の方が参列しやすいので、葬儀・告別式よりも通夜式の方が参列者の数は多くなります

なので通夜式を省くということは通常ありえないというのが従来の形でした

しかし、親族に加えて故人と本当に親しかったご友人などに絞って少人数・小規模で執り行う家族葬では、遺族の会社関係者などの義理だけの参列者は呼ばないため、一日で葬儀を済ませてしまいたいという希望があれば、通夜式を省いても大きな問題は無くなったのです

つまり一日葬とは家族葬をさらに簡略した形といっても良いかもしれません

葬儀は今、どんどん簡略化・簡素化しつつあるのが現状です

費用の面でも時間の面でも出来るだけ削っていこうという流れが増しつつあります

ただそれでも、直葬(火葬のみ)というのはちょっとやりすぎな気がしますから、一応それなりに簡単でも形式的にお葬式をあげておきたいというニーズに、この一日葬はうまく当てはまっているのかもしれません

当然メリットもあればデメリットもありますが、少しづつ増えつつある新たな葬儀形態として、一つの選択肢として検討してみるのも良いかと思われます

ご参考までに、当社では大体、一般葬が3割、家族葬が5割、一日葬が1割、直葬と福祉葬が合わせて1割となっております

一日葬のメリット

家族葬よりもさらに10万円ほど費用を安く抑えられる

一日葬では通夜式を省いて葬儀・告別式のみを行うので

まず、式場使用料が2日分ではなく1日分で済むので、式場使用料が半額で済みます

また、飲食費や供養代(返礼品費用)が通夜式をしないのでその分カットとなります

さらに、通夜式分の葬儀スタッフの人件費が掛からないのでその分も割安となり、

お布施(寺院への支払い)も同じ理由で多少割安となります

あとは、通夜式から参列するなら宿泊しなければならない遠方からお越しのご親戚も、泊りで来る必要がなくなるので、ホテルの宿泊代や貸布団代などが不要になることが多いです(早朝に出発して夕方帰るというパターンが多くなるため)

以上の点から、葬儀代が安くなるというメリットがあります

※ 当社で一日葬をする場合は、葬儀プランの料金が1割引きとなります

(例)生花祭壇プラン40   432,000円 → 388,800円となり、43,200円 割安となります

時短負担の軽減が可能

本来2日間かけて行うところを1日で全て済ませてしまうため時間短縮にもなり、

ご親族の方々にとって身体的にも精神的にも負担が軽減されると言えるかもしれません

一日葬のデメリット

午後の開式となることが多く、昼食の時間が少しずれ込んだり、ややバタつくことも

一日葬では葬儀式場を1日分しか借りないため、朝9時からの飾り付けとセッティングとなるので、

喪主と司会者との打ち合わせなど、やはりお通夜がない分、1日で全て済ませようと思うと多少バタつきがあるのも事実です

そして葬儀式ではベストとなる時間帯の11:00~12:00で葬儀を行うのは難しく、午前中は式場準備、午後から葬儀開式となることが多いため、会食の時間は1:00もしくは2:00からとなることが多いです

 

逆に言うとお通夜もする家族葬のメリットは、葬儀を2日間に分けてゆったりと行い、故人と充分に最後の時間を過ごすことが出来るという点にあるとも言えるでしょう